通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世


「函館市史」トップ(総目次)

第3章 幕府直轄下の箱館
第1節 東蝦夷地直轄の経緯

幕府の蝦夷地調査/蝦夷地取締御用掛任命

東蝦夷地上知/蝦夷地経営の方針

箱館役所/高田屋の登用

幕府の蝦夷地調査   P419

 幕府では、ロシア人の北方諸島進出の確認、たび重なる蝦夷地近海の外国船の出没や、あるいは国後・目梨のアイヌ騒動など、まさに物情騒然たるなかにあって、もはやこれをこのまま看過することはできなかった。そこで寛政10年(1798)年、目付渡辺久蔵胤、使番大河内善兵衛政寿、勘定吟味役三橋藤右衛門成方らに命じて、蝦夷地の警備ならびに経営についての本格的な調査に乗り出したのである。
 一行は5月福山に到着すると、渡辺胤はここに留まり、大河内政寿は東蝦夷地を巡回して様似に至り、その別動隊として配下の近藤重蔵は最上徳内を案内として国後・択捉までを踏査し、三橋成方は西蝦夷地を巡視して宗谷に至り、帰途天塩川をさかのぼって石狩川上流に出て、内陸の状況を視察しながらこの川を下り千歳越えで帰った。かくて再び江戸に帰って復命したのは11月半ばであった。
 閣老らはこの復命に基づいて評議の結果、ついに蝦夷地の経営を幕府みずからの手で行うことに決定したのである。

蝦夷地取締御用掛任命   P419−P420

 こうして同年12月、特に書院番頭松平信濃守忠明を抜てきして蝦夷地警衛の事に当らせ、翌11年正月、勘定奉行石川左近将監忠房、目付羽太庄左衛門正義、および大河内政寿、三橋成方にも同様の命が出、蝦夷地のことはこの5人が当ることになり、渡辺胤は江戸にあってその事にあずかり、老中戸田采女正氏教、若年寄立花出雲守種周が総括することになり、同時に左のような命が発せられた。

                                          松平信濃守
                                          石川左近将監
                                          羽太庄左衛門
                                          大河内善兵衛
                                          三橋藤右衛門
今度異国境御取締仰付けられ候に付、東奥蝦夷地の内、島々まで当分御用地に相成り、其方共御用仰付けられ候。是まで松前若狭守右の土地より年々収納の分は、公儀より若狭守え相渡り候様成し下され候に付、右の場所場所は万端其方共差図に任せ候様、若狭守え申渡し候間其意を得られ、尚土地の様子も追々申談の上見分これ有り、蝦夷人教育の儀を始め、風俗を替え候儀、並に交易の趣法までも存じ寄りに任せ、一体開国の御趣意を含み、服従いたし候儀第一に心得らるべく候。右御用の儀は深き御趣意にて仰出され候儀にこれ有り、御国境の事にも候えば其心得を以て銘々粉骨を尽し、今度の御趣意に違はざる様進退差引精勤致さるべく候。尤も止むを得ざる儀は伺に及ばず取計らい申さるべく候。御入用向等の儀は少なからざる儀にもこれ有るべく候間、追々相伺わるべく候。
      寛政十一末年正月十六日

「函館市史」トップ(総目次) | 通説編第1巻第3編目次 | 前へ | 次へ