通説編第1巻 第1編 風土と自然


「函館市史」トップ(総目次)

第1章 地域概観
第3節 周辺自治体の概況

亀田/上磯/七飯/大野

亀田   P10

 旧亀田市は、横津岳および袴腰岳を背にして函館山と函館港を望み、南東部で函館市と相接し、西は上磯町に、北西は蒜沢(にんにくざわ)川を境として七飯町に、北は鹿部村、南茅部町と接していた。東西11.5キロメートル、南北14.7キロメートルで、面積は92.07平方キロメートルの広さであった。
 歴史に出てくる亀田の地名、所在地は今日の旧亀田市の範囲とは一致しないが、17世紀ころからすでに開拓農民が今日の旧亀田市内の地域において村落を形成していたことが知られている。第2次大戦までは純農村として発達したが、昭和35年ころから函館市のベッドタウンとして宅地化が進行し、人口も急激に増加し始め、昭和40年には約29,000人、昭和45年には5万人を突破し、昭和46年11月に市施を施行した。昭和48年には懸案の函館との合併が実施され、宅地化の進行に伴って近郊農村としての機能は次第に薄れ、農家戸数は徐々に減少し、昭和40年の918戸から709戸となった。産業別人口では昭和35年55%を占めていた農業就業者は昭和45年には8%に低下し、代って第3次産業が約63%、第2次産業が29%を占めるようになり、産業別人口構成でも都市型に変わった。人口の増加に伴って小売店・卸売店の進出も目立ち、工場の一部も用地を亀田に移すものが増(ふ)え、工場数は昭和40年の50から47年には109と2倍以上の増加率を示した。旧函館市内ではすでに宅地として伸びる余地がほとんどなく、今後ともこの地区の宅地化は進行してゆくものと思われる。なお、昭和48年12月1日に函館と合併し、単一自治体としての亀田市の行政区域はすべて函館市に編入された。

上磯   P10−P11

 上磯町は函館湾に臨む位置にあり、東西24.4キロメートル、南北24.1キロメートル、総面積263.1平方メートルの広さであり、函館市・大野町・木古内町に接し、背後の山地では厚沢部町に接している。古くは漁業集落として発達したが、明治に入って当町谷好にセメント工場が設立され、その後大正に入り浅野セメントに吸収合併され、第2次大戦後日本セメント上磯工場と名称が変更され、今日に及んでいる。従って上磯は「セメントの町」として知られ、永い間この単一大工場の好、不況がこの町の経済を左右してきたといえる。第2次大戦後は七重浜地区に石油精製工場の立地をみて、にわかに工場適地として注目されたが、その後大工場の進出はない。町内には石別・茂辺地・上磯の3地区に漁家をかかえ、更に背後地には農用地をかかえていることから、人口の伸びはこれら第1次産業人口の減少が原因となり、昭和30年から45年までは停滞の傾向にあったが、近年函館に隣接する一部の地区で宅地化が進行し、昭和46年から微増に転じ、昭和50年からは人口が急増し、昭和53年3月には29,158人となった。

七飯   P11−P12

 七飯町は元和元(1615)年ころすでに和人集落が形成されていたという記録の残る古い町である。南は函館市(旧亀田市)、西は大野町に接し、横津岳連峰分水嶺を境として南茅部町・鹿部町・砂原町に接し、大沼国定公園の駒ヶ岳を境として森町に接している。当町は東西23.2キロメートル、南北20.2キロメートル、総面積213.33平方キロメートルの広さである。純農村の色彩が強く、函館に近い国道5号線沿いの地区では宅地化が進行し、人口が増加しているが、町全体としての人口の伸びも著しい。しかし、近年大沼周辺・横津山麓を中心とした観光開発が進められ、町政の方向も二面的なものとなりつつあり、このままに推移すると、やがて農村としての色彩が薄れてくるものと思われる。

大野   P12

 大野町はその中心部まで函館市から鉄道距離にして約18キロメートルの位置にあり、町の中央を函館から江差に至る国道227号線が貫通している。当町の北部は森町、北西部は中山峠を境として厚沢部町、南西部は上磯町、東部は七飯町にそれぞれ接し、東西27キロメートル、南北11キロメートル、総面積137.65平方キロメートルの広さである。当町には享保10(1725)年ころすでに小さな農業集落があったが、本格的な開拓が行われたのは文化元(1804)年以降のことである。大野川・久根別川等の水利に恵まれていたため、早くから水田が造られ、本道の開拓が北に向って進んだ明治末期までは本道最大の穀倉地帯といわれた。その後も大沼の水を引いた国営かんがい排水事業の進行に伴って開田が進み、昭和47年には水田面積は1,863ヘクタールとなった。当町農業は水田のほかに近郊農業的性格をもち、ビニールハウス等による蔬(そ)菜の栽培も盛んである。純農村であるだけに、人口減少が続いているが、さほど大きな減少は示していない。新幹線の新駅・高速道路のインターチェンジの候補地として当町が有力であるとの見方が多く、もしもこうした施設ができると、当町が近郊農村としての性格を維持できるかどうか極めて疑問である。

周辺町の人口の推移(上磯・七飯・大野各町の町勢要覧による)
「函館市史」トップ(総目次) | 通説編第1巻第1編目次 | 前へ | 次へ