全画面表示
タイトル北海道/亀田外三郡之図 明治23年
内容説明50万分の1 明治19年(1886)、3県時代が終わり北海道庁の開庁となった。本図は明治23年、 亀田外三郡役所編纂、函館・北溟社の石版印刷、函館・常野嘉兵衛が刊行したもの。渡島 半島のなかに胆振国の山越郡、渡島国の茅部郡・亀田郡・上磯郡の4郡を掲載した図であ る。北海道の国・郡は明治2年8月に設置され現在に至っているが、函館支庁管内に「郡 区町村編制法」にもとづく郡役所と戸長役場が開庁するのは明治13年1月からである。 (高木崇世芝/文)
著者北海道庁渡島国亀田外三郡役所/編
出版者常野嘉兵衛
出版年月1890年3月
ページ数1枚
サイズ53×35cm
請求記号K29012 ホツ5001
資料番号1810586808

使い方

クリックするとその部分の使い方が表示されます。