全画面表示
タイトル函館五稜郭周辺絵図 
内容説明折畳1枚物 幕末も明治に入る直前ころの作成図であろう。図の欄外に「橋本玉蘭斎図」と記す。橋 本玉蘭斎は幕末の横浜浮世絵師で膨大な横浜浮世絵を描いたこと、また数多くの地図や鳥 瞰図を発行したことでも知られる人物である。本図は、箱館山の麓に広がる市街地の一部 から亀田平野に向かう広い地域を描いたものである。目に付くものをあげると、市街地には「新築立出嶋・材木場・大炮稽古場・綿羊飼立場・御蔵所・借馬所馬場・願成寺」があ り、亀田のほうには「津軽陣屋・五稜郭・御役宅・御薬園」がある。安政6年(1859) に竣工した堀割(願乗寺川ともいう)が流れており、亀田新田・湯川新田も見える。 (高木崇世芝/文)
著者橋本 玉蘭斎/作
出版者 
出版年月 
ページ数 
サイズ 
請求記号K29011 ハシ5001
資料番号1810234508

使い方

クリックするとその部分の使い方が表示されます。