全画面表示
タイトル内容説明出版者西暦和暦サイズ分類請求番号
徳川方軍艦回天丸ノ残骸1枚 台紙付 内容:明治2年5月11日箱館港の激戦に沖之口役所に来場浮砲台として戦の後焼棄して久しく残骸を存す (裏面)明治2年箱館戦争の末期港内沖に座礁し浮砲台として奮戦せしも力尽きて乗り棄て官兵の為に焼毀せられしもの水上に浮べる部分は同艦の下甲板なり或片の一部は今の葛西倉庫付近の海中に沈没し侭現存せり根室の人陶山清武氏の珍蔵せるもの乞うて之を復製し本館に寄贈す(大正11年9月下旬寄贈者紺野松次郎識) 原資料:(根室)陶山清武所蔵 同一写真:gl000304(デジタル未済)紺野写真館1869年明治2年9.3×13.5cm (台紙)16.8×21.3cm北海道(函館)ph000412

使い方

クリックするとその部分の使い方が表示されます。